これから転職をする人へ(30歳前後で転職回数3回以上の方へ)

お世話になっている方もそうでない方も、どうもです。

 

このブログは、仕事に関することで身につけた知識をアウトプットして整理するためだけの目的ではじめました。

 

自己紹介をさせていただきますと、31歳・男、職業はWebディレクター、趣味は音楽とバンドです。

 

「職業はWebディレクター」と書きましたが、昨年11月に退職して現在無職。絶賛転職活動中です。

 

そして大学卒業後から現在まで6社に在籍し(営業、事務、工員などバラバラ)、企業側からジョブホッパーと捉えられがちで転職市場ではかなり不利なんですが、現在はありがたいことに3社の企業で最終面接まで進んでいます。

 

自分みたいなのがおこがましいのですが、自分と似た状況の人が世の中には一定数いらっしゃると思われるので、まず一発目の記事は勝手にアドバイスをさせていただこうかと。

 

- - - - - - -

 

【これから転職する人へ(30歳前後で転職回数が3回以上の方向け)】

 

  1. 自分のやってきた仕事の棚卸には十分な時間をかけるべし。
  2. 履歴書、職務経歴書はブラッシュアップし続けるべし。
  3. 未経験の職業への転職を考えている場合はエージェントを利用しても無駄。(経験のある職業への転職でも、経験が浅い場合は同様。
  4. 「面接」という打席に立たなければ意味はないので、あまり熟考しすぎずに応募しまくるべし。

 

- - - - - - -

 

まず、

 

1. 自分のやってきた仕事の棚卸には十分な時間をかけるべし。

 

についてですが、ご自身のやってきた仕事の業務内容について、ノートに事細かく書き出してください。

 

掃除、お茶汲み、コピーを取るなど「これは書き出さなくてもいいんじゃないかな…?」ということまですべて、洗いざらい書き出してください。

 

すべてを書き出した後は、それを眺めながら、ご自身が仕事でがんばったこと工夫したこと、やってて面白かった仕事、挑戦したこと失敗してそれから学んだこと、を書き出してみてください。

(いっぺんに数時間でやることは難しいと思うので、定期的に時間を取って行うことをオススメします)

 

書き出したことが、そのまんま「自己PR」や「志望動機」に繋がってきますので、面倒ではありますが、これだけは真剣に取り組んでいただきたいと思います。本当に効果あるので。

 

 

 

 

続きまして

 

2. 履歴書、職務経歴書はブラッシュアップし続けるべし。

 

についてです。

 

これは一度書き上げたからといって安心しないで下さい。それはあくまでフォーマットが出来上がっただけです。

必ず応募先の企業ごとに応募書類の内容は変えて下さい。

 

自己PRや、セールスポイントなどの強みや売りは、応募先企業の求人情報を読み込んだ上でカスタマイズして下さい。

 

使い回し、ダメ、ゼッタイ。

 

 

 

 

続いて

 

3. 未経験の職業への転職を考えている場合はエージェントを利用しても無駄。(経験のある職業への転職でも、経験が浅い場合は同様。)

 

ですが、

 

「無駄」と書いてますが、そうとも言い切れないところがあり、転職市場の現況やご自身が希望される仕事の情報を得ることができ、なおかつ応募書類の添削もしてくれるので、

 

「エージェントは有効活用しろ」

 

というのが正しいですね。

 

ではなぜ「無駄」と書いたのかというと、エージェントが企業に人材を紹介するときに「紹介料」というのが発生して、その相場が年収の30%らしいのです。

 

企業が年収500万の人材を採用するとなると、150万はエージェントに払わなければならないため、企業からすればその価値に見合った人材が欲しい=その分企業側からのハードルは高くなってるんですよね。

 

実際、自分はWebディレクター(経験1年半)職を希望し、各社エージェントに相談に行って求人を紹介してもらい応募しましたが、すべて落ちました。

 

それで、応募して面接まで行くのは、だいたいエージェントを通さずに求人広告だけを出している企業でした。

 

 

 

 

最後に

 

4. 「面接」という打席に立たなければ意味はないので、あまり熟考しすぎずに応募しまくるべし。

 

ですが、

 

応募書類は大体落ちます。

平均して20社送って1社内定する計算らしいです。

 

だから、吟味して選びに選んで、数を絞って応募していたら内定なんかまず決まりません。

 

リクナビマイナビなどの求人サイトに登録している場合は、ピンときたものからガンガン応募してください。

(応募時に志望動機を記入しなくても、あらかじめ登録している職務経歴だけで応募できることが多い)

 

ちょっと乱暴ではありますが、志望動機なんかは、企業から面接の連絡があってからしっかり考えるくらいで良いのです。

 

 

 

以上となります。

あとは転職するにあたって参考にしたWebページや、書籍のURLを貼っておきます。

 

バックナンバー / 尾方のズバリ!WEB履歴書作成法

 

【完全版】職務経歴書の書き方マニュアル

 

人事の目に留まる職務経歴書43サンプル【クリエイティブ関連 - WEBプロデューサー・ディレクター】|転職応援サイトのイーキャリア

 

転職成功マルわかりガイド / マイナビ転職 

 
転職・書類  WEBフォーム、履歴書、職務経歴書、添え状の書き方

転職・書類 WEBフォーム、履歴書、職務経歴書、添え状の書き方

 

 

本気の転職パーフェクトガイド―トップコンサルタントが教える

本気の転職パーフェクトガイド―トップコンサルタントが教える

 

  

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

 

 

質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート

質問に答えるだけでエントリーシート・履歴書がすぐ書ける 受かる!自己分析シート